pagetop

三田・神戸北区でスタッドレスタイヤの交換・購入なら、神有デンソーへ

サイトマッププライバシーポリシー

スタッドレスタイヤ

studless tire

ホーム ≫ スタッドレスタイヤ

神有デンソーはスタッドレスタイヤを驚きの価格でご提供

神有デンソーは、デンソー店として、独自の仕入れルートを確保。
地域の皆さまに、Web非公開の驚きの価格帯で、
スタッドレスタイヤをご提供させていただいています。

神有デンソーはスタッドレスタイヤを驚きの価格でご提供

スタッドレスタイヤってなに?

時代はスパイクタイヤから、環境にやさしいスタッドレスタイヤへ!

スタッドレスタイヤってなに?

雪道や氷結した路面を、通常の夏タイヤで走行すると、摩擦係数の低下からどうしてもグリップせず、制御不能に陥ってしまいます。この問題は、技術が発展した現代においても解決されていません。

かつて雪道では、路面との摩擦を高めるために、鋲(スパイク)を表面に埋め込んだ「スパイクタイヤ」を使うのが主流でした。しかし、スパイクタイヤの金属鋲は、雪のない路面へのダメージが大きく、冬の終わりから春の初めにかけては、削られたアスファルトの粉塵が舞い、大きな社会問題となっていました。

このスパイクタイヤの引き起こす問題は、世界的なものへと発展。スパイクタイヤに変わる冬用タイヤの開発へとつながっていきます。

トレッドパターン技術や材質の向上でスタッドレスタイヤが登場

夏タイヤは雨天時の排水性を重視したトレッドパターンになっていますが、このパターンでは雪道にグリップ力を発揮できません。そこで各タイヤメーカーは、雪道や氷結した路面でもグリップ力が損なわれない、独自のパターンを開発。走行性・操作性・安全性に優れた、スタッドレスタイヤを市場に投入することになります。

スタッドレスタイヤの材質は特殊なゴム

スタッドレスタイヤと通常のタイヤでは、
外周を構成している材質に大きな違いがあります。

通常のゴムは、温度の低下とともに材質が固くなってしまいますが、スタッドレスタイヤで使用されているゴムは、発砲質系の素材を使用するなど低温でも材質変化が少なく柔軟性がキープできるようになっています。さらに、タイヤを通じてかかる車の重量や摩擦熱によって氷や雪から染み出る「水膜」に対する対策も、年々向上しています。

柔らかさと材質の向上がスタッドレスタイヤの真骨頂

冬の雪道で車が滑る原因は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、雪や氷から染み出てくる「水膜」
2つ目は、タイヤの摩擦力の低下によるスリップです。

スタッドレスタイヤの「水膜対策」

冬の氷結した道で、生じるスリップの大きな原因は、「水膜」です。タイヤメーカーはその対策として、スタッドレスタイヤのトレッドパターンに工夫をこらし、排水溝率を高めています。その効率は毎年上がっており、従来の排水容量に比べ実に40%以上ものアップを果たしている製品も出てきました。

スタッドレスタイヤってなに?

スタッドレスタイヤの材質向上

ゴムの性質として、温度の低下とともに硬化するというものがあります。温度が極端に下がった状態では、路面に「水膜」は発生しません。しかしこのような状態だと、タイヤの柔軟性が失われているため踏ん張りが効かず、車はスピンを起こします。

この問題に対処するため、各タイヤメーカーは、スタッドレスタイヤの材質を分子レベルで開発。様々な複合素材や軟化剤を使って温度の低下に強い材質を市場に投入するようになりました。

三田・神戸北部・有馬地域は、スタッドレスの性能がためされる

神戸の海側や大阪などと違い、三田・神戸北部・有馬地域はスタッドレスタイヤの性能が試される地域。本格的な雪の装備が必要な道と、除雪されところどころに残雪が残った道が混在する、タイヤには過酷な条件の土地柄です。

神有デンソーは地域のデンソー店として、電装系のトラブルだけでなく、スタッドレスタイヤ・冬用の各種装備をご準備して、皆様のご来店をお待ちいたしております。

今年の冬支度は、神有デンソーの早割スタッドレスで決まり!!

レンタルスタッドレスタイヤはこちら

スタッドレスタイヤレンタルサービスお客様の声1

一般のお客様へ
車検を初めて地域の方々に素敵なカーライフをご案内致します。
部品持ち込み
部品は基本的にどんな物でもお持ち込み取り付け可能です。
ダイアグステーションとは
高度電子技術が進むクルマのアフターサービスに対応する専門店です。